院長ご挨拶

高木歯科医院・堀之内歯科医院
院長 高木佳辰

院長先生

当院・院長から皆さまへ

~皆さまの人生を左右する歯科選び~
私たちは皆さまの人生にとって、とても大きな役割を担っています。
それは人間が生きるうえで絶対に欠かせない、「モノをおいしく食べる」という行為を死ぬまできちんとつづけられるようにすることです。
その結果は、選ぶ歯科医院によってまったく変わっていきます。
一言に歯科医院といえども、「歯」のみを見て治療するのか、「人」を見て治療するのかという考え方によって、選ぶ歯科医院は異なってくるでしょう。この違いによって、皆さまの人生は大きく変わります。
たとえば、「歯」のみを見ている医院は、口のなかの悪いところだけ治療すればいいと思っております。その患者さまの将来にあまり興味をもっておらず、歯大工として治療しているのです。
一方、「人」を見る医院は、口のなかの悪いところだけでなく、患者さまの人生をも深く考慮しています。患者さまに治療の種類や将来のリスクをくわしく説明し、定期検診にも力を入れて歯医者としてさまざまな努力につとめます。
つまり、選ぶ歯科医院によって「歯大工」のところへ行くのか、「歯医者」のところへ行くのかで、皆さまの「食べる」という人生が大きく変わってくるのです。

何かご心配な点がありましたらお気軽にご相談ください。

院長略歴

昭和57年 東北大学歯学部卒業、昭和大学第3補綴学教室入局・同助手
昭和60年 多摩市に高木歯科医院を開院
平成3年 八王子市に堀之内歯科医院を開院

堀之内歯科医院 治療責任者 清水達治(白歯会チーフドクター)

平成11年3月 東北大学歯学部卒業
平成11年4月 白歯会勤務
平成14年4月 白歯会チーフドクター 堀之内歯科医院治療責任者

コーヌスクローネ(入れ歯の一種)へのこだわり

私がコーヌスにこだわりを持つようになったのは、大学時代に入れ歯で困っているお年寄りに出会ってからです。

これからの高齢化社会の中で大切になるのは、クオリティー=オブ=ライフであり、歯科医である私も、そのクオリティーを高めていく一助をなしたいと考えました。

コーヌスとは、残っている歯にコーヌス冠をすっぽりかぶせ補強を図り、それと連結した状態で抜けた歯を足すというものです。

利点
  1. 見た目がきれいで、他人から入れ歯だと分かりにくい。
  2. 床が小さくて済むので違和感が少ない。
  3. 吸着力が強く安定感がある。だから長く保ちやすい。

製作時には、保証書を発行。保証期間中 (2年間) に通常使用での破損や脱落、不具合が生じた場合、補綴物に関して責任を持って修理します。またその後引き続き定期検診 (半年に1回) を受けて頂ければ、保証期間を5年間まで延長します。