ドクター募集について

あなたは「歯医者」になりたいですか?それとも「歯大工」になりたいですか?

 今、歯科医療に求められるのは、確かな技術と、その技術をいかに患者様に還元してゆくかだと当院では考えます。

 現在の補綴臨床の大きな問題は、多くの若き歯科医師が「歯科技工」をまったく知らないという点です。

 歯科技工士が補綴物を制作するためには、医師の指示が不可欠ですが、模型のトリミングや、咬合器へのマウント、石膏流しやダウエルピンの植立、ひいては単冠のワックスアップの経験すらない歯科医師が続々と世に出てきていることは嘆かわしくもあり、若い歯科医師にとっては気の毒な、大きな問題です。事実、そのあたりの教育が歯学部でも激減しているようです。

 医師では「医薬分業」が成立しても、歯科では「医技分業」は有り得ません。歯科医師と歯科技工士は役割が違うだけで、同業種だからです。

 よく歯科医師は、上手な歯科技工士さんにお願いすれば、素晴らしい補綴物が出来上がってくると錯覚しがちですが、決してそうではありません。同じ歯科技工士が作っても優秀な歯科医師とそうでない歯科医師が指示を出すのでは、結果も変わってくる。それが意外と歯科医師側に認識されていないのが残念です。それらの意識が患者様への治療の姿勢にも表れてしまうことが心配です。

信頼されるスペシャリストを目指し、医療の知識と技術をバランスよく学んで頂きます。

 人の目に留まるほど力が抜きん出ている仕事人は、必ず確かな土台があると感じます。自分が成そうとする仕事の世界や既成概念を知り尽くさなければ、何が新しくて、どこに相違があるのかは解りません。だからこそ、懸命に学ばなければ、次のステップへと旅立つことはできません。

技巧、接遇、経営。
診療技術以外にも歯科医療においても学ぶべき事は、数多く存在します。

単なる「歯大工」にならないよう、それらをバランスよく学んでいただき、信頼されるスペシャリストを目指していただければと考えています。